• 本

動物になって生きてみた

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-309-25369-5
4-309-25369-5
税込価格 2,052円
頁数・縦 295P 20cm

商品内容

要旨

アナグマとなって森で眠り、アカシカとなって猟犬に追われみる…動物の目と鼻、耳を通して世界を見て、嗅いで、聞いてみることで、自然のなかで動物として生きるとはどういうことかを考えた。世界12カ国で刊行のニューヨークタイムズ・ベストセラー!イグ・ノーベル賞生物学賞受賞!

目次

第1章 野生の生きものになるということ
第2章 土その1―アナグマ
第3章 水―カワウソ
第4章 火―キツネ
第5章 土その2―アカシカ
第6章 風―アマツバメ

おすすめコメント

アナグマとなって森で眠り、アカシカとなって猟犬に追われ、カワウソとなって川にもぐり、キツネとなって都会のゴミを漁り、アマツバメとなって世界を旅する。世界12カ国で刊行!

著者紹介

フォスター,チャールズ (フォスター,チャールズ)   Foster,Charles
オックスフォード大学グリーン・テンプルトン・カレッジのフェロー。ケンブリッジ大学で医療法と医療倫理の博士号を取得。獣医外科医の資格をもち、鍼治療に興味をもっている。旅行や哲学、法律、スピリチュアルな経験の生物学や、利他主義とコミュニティの進化についての著書がある。妻や6人の子どもとともに、オックスフォードで暮らしている。また、エクスムーアにある小さな小屋でも暮らしている
西田 美緒子 (ニシダ ミオコ)  
翻訳家。津田塾大学英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)