• 本

目標は小さければ小さいほどいい

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-309-25377-0
4-309-25377-6
税込価格 1,296円
頁数・縦 206P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

筋トレやダイエット、貯金が続かない…気が重いことは、つい先延ばし…仕事だけの毎日で、自分磨きはおろそか…「目標」をダウンサイジングするだけで、すべてが解決!たやすい日課を定着させるだけで人生に奇跡が起こる!続かない自分を本気で変えたい人のかんたんメソッド!

目次

1 「小さな目標」こそ人生を大きく変えます
2 脳を味方にすれば「習慣」は定着します
3 続かない人に効く「実行力」アップの方法
4 「ルーティン」がもたらすすごい効果を実感しよう
5 「身についた習慣」を二度と手放さないコツ
6 「よくない習慣」を苦もなくやめるワザ
7 「時間」をうまく操って習慣力を高めよう
8 心身をリフレッシュしてみごと目標を達成しよう

おすすめコメント

大きな目標を掲げ、やる気を奮い起こすより、ささやかな目標をクリアしながら積み重ねていくほうが、夢の実現への近道になる!あなたの行動力を高め、人生に奇跡を起こすためのヒント。

著者紹介

児玉 光雄 (コダマ ミツオ)  
1947年、兵庫県生まれ。京都大学工学部卒業。大学時代はテニスプレーヤーとして活躍し、70〜74年には全日本選手権に出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び、工学修士号を取得後、米国オリンピック委員会スポーツ科学部門の客員研究員としてオリンピック選手のデータ分析に従事。鹿屋体育大学教授(体育方法学、スポーツ心理学)を経て、追手門学院大学客員教授。長年にわたりプロスポーツ選手のメンタルカウンセラーとして活躍する一方、ビジネスパーソン向けの講演活動も精力的に行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)