• 本

それでも世界はサッカーとともに回り続ける 「プラネット・フットボール」の不都合な真実

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-309-27907-7
4-309-27907-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 224P 19cm

商品内容

要旨

肥大するマーケットに絡む国家予算レベルのグローバルマネー。市場原理の名のもとでエスカレートするインモラルな取引の光と影。商品としてのメガスターの周囲に蠢く代理人と投資ファンド。日常のスペクタクルを脅かす新時代の八百長とウルトラスの存在。ワールドカップからチャンピオンズリーグ、そして各国リーグまで、この星で最も愛されるスポーツの「現在」と「未来」―。

目次

第1章 FIFAゲートとワールドカップの未来(FIFAゲートの勃発
すべては2010年12月2日に始まった ほか)
第2章 クラブ資本のグローバル化(ミランとインテル、中国資本の傘下に
EU外資本がグローバル化を加速する ほか)
第3章 クラブ市場のグローバル化(R・マドリーは世界最強のスポーツエンタメ企業
メガクラブの競争力を左右するグローバル市場 ほか)
第4章 グローバル化の歪み 膨張する移籍市場と債券化するサッカー選手(移籍市場混迷の象徴としてのネイマール移籍トラブル
移籍市場から利益を吸い上げる「第三者」 ほか)
第5章 サポーターの現在と未来(ゴール裏の数千人とTVの前の数億人
ウルトラスと暴力、そして極右とのつながり ほか)

おすすめコメント

ワールドカップとチャンピオンズリーグを頂点として一つに統合されてゆくフットボール世界。地球全体を覆う巨大市場と化し、パワーゲームの舞台でもあるその現在と未来を俯瞰的に描く。

著者紹介

片野 道郎 (カタノ ミチオ)  
ジャーナリスト・翻訳家。1962年、仙台市生まれ。東京都立大学人文学部卒。1995年よりイタリア、ピエモンテ州アレッサンドリア在住。海外サッカー専門誌を主な舞台に、ピッチ上で起こる純スポーツ的な事象にとどまらず、その背後にある社会・経済・文化にまで視野をひろげて、イタリアサッカー、欧州サッカーの魅力と奥深さを多角的に伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)