• 本

室伏鴻集成

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-309-27913-8
4-309-27913-9
税込価格 6,480円
頁数・縦 445,7P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

身体と思考を極限まで究めた孤高の舞踏家が残したテクスト群を集成。美しく苛烈で狂暴な詩と哲学の結晶。

目次

鎖金令
常闇形
常闇では烈風が捲いている
「生きる様を持って…」
「わたしは…」
とめどもない痙攣
「墜落」
「舞踏は…」
「耳殺がれ」
「空の柩に…」〔ほか〕

おすすめコメント

伝説の舞踏家は稀代の詩的・哲学的な文章家でもあった。 残された手記を集成した苛烈で美しい詩と哲学にあふれた「肉体の思考」。かつてない思想家としての室伏を告げる奇蹟の書物。