• 本

東京タイムスリップ1984⇔2021

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-309-29142-0
4-309-29142-2
税込価格 2,002円
頁数・縦 127P 19×21cm

商品内容

目次

1 新宿(新宿駅東南口1984
新宿駅東南口2020
新宿駅東南口1984 ほか)
2 渋谷(渋谷駅ハチ公前広場1984
渋谷駅ハチ公前広場2021
渋谷駅西口1984 ほか)
3 五反田・新橋・有楽町・銀座・日比谷・東京・上野・浅草・秋葉原・御茶ノ水・池袋・赤坂・代々木(五反田・山手線1984
五反田・山手線2020
五反田・池上線ガード下1984 ほか)

出版社・メーカーコメント

大量に発見されたネガフィルム。それは昭和末期の活気ある東京の風景だった。懐かしい東京の風景を、現在の同位置・同角度から撮影したものと並べて紹介。劇的な東京の変化を楽しめる写真集!

著者紹介

善本 喜一郎 (ヨシモト キイチロウ)  
1960年生まれ。東京写真専門学校で森山大道、深瀬昌久に学ぶ。1983年、平凡パンチ(マガジンハウス)特約フォトグラファーとなり、取材からグラビアとあらゆるものを撮影した。ターザン、ブルータス、ポパイ、リラックス各紙で特集やタイアップ広告を数多く撮影した。2001年に広告写真家としての登龍門「年鑑 日本の広告写真」に北島康介Arena2002広告で入選(以後3期連続入選)を機に公益社団法人日本広告写真家協会会員となる。現在は同協会専務理事、一般社団法人日本写真著作権協会理事を務める。2008年より宣伝会議「編集・ライター養成講座」で編集者やライター、「フォトディレクション基礎講座」で企業の広報担当者に写真の基礎を教えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)