• 本

外道忍法帖

河出文庫 忍法帖シリーズ 2

出版社名 河出書房新社
出版年月 2005年4月
ISBNコード 978-4-309-40740-1
4-309-40740-4
税込価格 935円
頁数・縦 339P 15cm
シリーズ名 外道忍法帖

商品内容

要旨

天正使節団がローマ法王より下賜された百万エクーの金貨の行方を追って老中・松平伊豆守は主家再興の望みを抱く天草忍者十五人を長崎へと送り込む。一方、天下覆滅を狙う由比正雪も手飼いの甲賀忍者十五人を放っていた。迎え撃つは大友忍法を身につけた十五人の童貞女。その秘所に隠された鈴に金貨の在り処が―。かくて三つ巴の壮絶な死闘の幕はあがった。

著者紹介

山田 風太郎 (ヤマダ フウタロウ)  
大正11(1922)年、兵庫県に生まれる。昭和24年、「眼中の悪魔」「虚像淫楽」で第2回探偵作家クラブ賞を受賞。昭和33年から忍法帖シリーズの執筆を開始。昭和38年から刊行された「山田風太郎忍法全集」で忍法ブームをまきおこす。昭和48年の「警視庁草紙」から独特の手法による“明治もの”に着手。他に『人間臨終図巻』『あと千回の晩飯』など著書多数。平成9年第45回菊池寛賞を受賞。平成13年7月28日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)