• 本

澁澤龍彦書評集成

河出文庫 し1−52

出版社名 河出書房新社
出版年月 2008年10月
ISBNコード 978-4-309-40932-0
4-309-40932-6
税込価格 1,540円
頁数・縦 480P 15cm

商品内容

要旨

書評には流儀がある。澁澤流の書評は、時に厳しく時に偏愛的に書物の間を逍遥しながら、簡潔にその要諦を示し、一瞬の独自な世界をつくりあげていく。一九五八年から最晩年の一九八七年にかけて発表されたおびただした数の書評を集大成した本書は、澁澤龍彦による時評とも、澁澤自身の軌跡とも読める。待望の文庫オリジナル・アンソロジー。

目次

日本文学(吉行淳之介『男と女の子』
大江健三郎『日常生活の冒険』 ほか)
日本の芸術・文化その他(東野芳明『パスポートNo.328309』
『天使論』笠井叡著 ほか)
外国文学(『ラディゲ全集』
『アレキサンドリア四重奏』頌 ほか)
外国の芸術・文化その他(瀧口修造編『エルンスト』
『美学入門』ジャン・パウル著(古見日嘉訳) ほか)
快楽図書館・文庫本(フランク・ハリス『わが生と愛』
山名正太郎『ひげ』 ほか)
推薦文・序文(『眺望論』のために
『栗田勇著作集』 ほか)

おすすめコメント

稲垣足穂や三島由紀夫など日本文学の書評、日本人による芸術や文化論の批評、バタイユやD・H・ロレンスなどの外国文学や外国芸術についての書評などに加え、推薦文や序文も収録。多くが文庫初掲載の決定版!

著者紹介

澁澤 龍彦 (シブサワ タツヒコ)  
1928‐87年。東京生まれ。本名龍雄。東大仏文科卒業後、マルキ・ド・サドの著作を日本に紹介するかたわら、人間精神や文明の暗黒面に光をあてる多彩なエッセイを発表。晩年は小説に独自の世界を拓いて、広く読まれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)