• 本

野良猫ケンさん

河出文庫 む2−8

出版社名 河出書房新社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-309-41370-9
4-309-41370-6
税込価格 726円
頁数・縦 211P 15cm

商品内容

要旨

一緒に暮らせそうもない、ケンカ三昧の極道野良に作家はこよなく魅入られていった―。愛猫アブサンの死から十五年。作家の庭には、常連の猫たちが勝手気ままに訪れるようになった。レオン、シャララン、ツバキ、そしてケンさん。猫たちとのつきあいの日々を通し、ありのままの生と老いの宿命を見据える感動のエッセイ!

目次

袖萩の時代
ケンさんの登場
アブサンものがたり
外猫という智恵の領域
吾輩は外猫である
レオンのモンロー・ウォーク
シャラランの受難
ケンさん篭猫となる
椿姫と椿三十郎
嫉妬あそび
ケンさん犬小屋に入る
カンニング的余り風
ケンさんの結界
逆転の構図
深傷と鼾
フェイド・アウト

おすすめコメント

愛猫アブサンの死から15年。作家の庭には、外猫たちが訪れるようになった。猫たちとの交流を通し、生と老いを見据える感動作!

著者紹介

村松 友視 (ムラマツ トモミ)  
1940年、東京生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。82年『時代屋の女房』で直木賞、97年『鎌倉のおばさん』で泉鏡花文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)