• 本

中央線をゆく、大人の町歩き 鉄道、地形、歴史、食

河出文庫 す12−4

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-309-41528-4
4-309-41528-8
税込価格 713円
頁数・縦 203P 15cm

商品内容

要旨

東京のあらゆる文化が入り交じる中央線は、どの駅で降りてもおもしろい!東京駅から高尾駅まで全駅、街に隠れた歴史や鉄道名所、不思議な地形などをめぐりながら、各駅停車でぶらぶら散歩。どこか懐かしさを感じたり、青春時代に思いを馳せたり、大人ならではの町歩きを提案。慣れ親しんだ街の新たな魅力を発見する。

目次

中央線的混沌の核へ(新宿―中央線文化の発信地
大久保―プロレタリア文学とエスニックと
東中野―桜並木と跨線橋 ほか)
都心を駆けるオレンジ電車(東京―赤煉瓦の始発駅
神田―充実のガード下は線路密集地ならでは
御茶ノ水「千代田区好き」も集まる昔からの学生街 ほか)
武蔵野、多摩へ(三鷹―玉川上水沿いを歩く
武蔵境―高架化で変わった西武多摩川線の始発駅
東小金井―小金井公園と江戸東京たてもの園 ほか)

おすすめコメント

東京駅から高尾駅まで、街の歴史や鉄道名所、不思議な地形などをめぐりながら、大人ならではのぶらぶら散歩を楽しむ、町歩き案内。

著者紹介

鈴木 伸子 (スズキ ノブコ)  
東京都生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業後、雑誌「東京人」編集室に勤務。1997年より副編集長。2010年退社。都市、建築、鉄道、町歩き、食べ歩きなどをテーマに執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)