• 本

海鰻荘奇談 香山滋傑作選

河出文庫 か33−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-309-41578-9
4-309-41578-4
税込価格 886円
頁数・縦 377P 15cm

商品内容

要旨

「ゴジラ」原作者としても有名な、異色の探偵作家・香山滋の代表的な傑作を厳選した作品集。後に「ゴジラ」に結実する空想科学ものの原点にしてデビュー作「オラン・ペンデクの復讐」、第一回探偵作家クラブ賞新人賞を受賞した極彩色の妖夢譚「海鰻荘奇談」他、幻想怪奇、秘境のロマン、エロティシズムに彩られた全十編。

おすすめコメント

ゴジラ原作者としても有名な、幻想・推理小説の名手・香山滋の傑作選。デビュー作「オラン・ペンデクの復讐」、第1回探偵作家クラブ新人賞受賞「海鰻荘奇談」他、怪奇絢爛全10編。

著者紹介

香山 滋 (カヤマ シゲル)  
1904年、東京生まれ。法政大学経済学部を中退して大蔵省に勤務。47年、「オラン・ペンデクの復讐」を「宝石」に発表。翌年、「海鰻荘奇談」で第1回探偵作家クラブ賞新人賞を受賞。その後、大蔵省を辞めて作家活動に専念。幻想怪奇、秘境冒険ものの第一人者で、「ゴジラ」の原作者としても知られる。1975年没
日下 三蔵 (クサカ サンゾウ)  
1968年、神奈川県生まれ。出版社勤務を経て、SF・ミステリ評論家、フリー編集者として活動。2005年、編著『天城一の密室犯罪学教程』で第5回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)