• 本

ほんとのこと言えば? 佐野洋子対談集

河出文庫 さ39−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-309-41601-4
4-309-41601-2
税込価格 713円
頁数・縦 272P 15cm

商品内容

要旨

猫、絵本、男と女、母親…。“本音だけ”のヨーコさんと、9人9様の抱腹絶倒、豪華対談。年譜「佐野洋子の仕事」付き。

目次

1988 猫対談―小沢昭一
1990 男の目 女の目―河合隼雄
1990 わが子は天才!―明石家さんま
1991 子供時代・絵本・恋愛―谷川俊太郎
1998 100万回生きたねこ―大竹しのぶ
1998 母親対談「お母さん」って恥ずかしい!?―岸田今日子
1999 ここだけの話―おすぎ1
2005 生活を愛する物書きの性質―山田詠美
2007 気がつけば石井桃子だった―阿川佐和子
2007 古典を読む―おすぎ2

おすすめコメント

絵本作家・エッセイストの佐野洋子を前にすると、誰もが丸裸にされてしまう  。小沢昭一、河合隼雄、明石家さんま、谷川俊太郎、大竹しのぶ、岸田今日子、おすぎ、山田詠美、阿川佐和子との傑作対談集。

著者紹介

佐野 洋子 (サノ ヨウコ)  
1938年、北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。1967年、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に『わたしのぼうし』(講談社出版文化賞絵本賞)『ねえとうさん』(日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)などの絵本や、童話『わたしが妹だったとき』(新美南吉児童文学賞)『神も仏もありませぬ』(小林秀雄賞)などのエッセイ、対談集も多数。2003年紫綬褒章受章、2008年巌谷小波文芸賞受賞。2010年、72歳永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)