• 本

本能寺の変431年目の真実

完全版

河出文庫 あ31−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-309-41629-8
4-309-41629-2
税込価格 853円
頁数・縦 351P 15cm
シリーズ名 本能寺の変431年目の真実

商品内容

要旨

名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。絶望する彼の前に、天才・信長自身が張りめぐらせた策謀が、千載一遇のチャンスを与えた!史上空前のクーデターが起きる直前、水面下で何が起きていたのか。そしてすべてを操る男の存在とは?これまでの定説で意図的に隠されていた驚愕の真実が明らかになる!徹底した科学的アプローチで、歴史に埋もれた真実に迫る、壮大な歴史捜査ドキュメント!

目次

第1部 作り上げられた定説(誰の手で定説は作られたか
定説とは異なる光秀の経歴 ほか)
第2部 謀反を決意した真の動機(土岐氏再興の悲願
盟友・長宗我部の危機 ほか)
第3部 解明された謀反の全貌(本能寺の変はこう仕組まれた
織田信長の企て ほか)
第4部 叶わなかった二つの祈願(祈願「時は今あめが下なる五月かな」
祈願「国々は猶のどかなるとき」)

おすすめコメント

意図的に曲げられてきた本能寺の変の真実を、明智光秀の末裔が科学的手法で解き明かすベストセラー決定版。信長自らの計画が千載一遇のチャンスとなる!? 隠されてきた壮絶な駆け引きのすべてに迫る!

著者紹介

明智 憲三郎 (アケチ ケンザブロウ)  
1947年生まれ。明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸の子孫と伝わる。慶應義塾大学大学院工学研究科修士課程修了後、大手電機メーカーに入社。一貫して情報システム分野で活躍。執筆・講演活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)