• 本

お茶をどうぞ 向田邦子対談集

河出文庫 む5−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-309-41658-8
4-309-41658-6
税込価格 842円
頁数・縦 270P 15cm

商品内容

要旨

今甦る、向田邦子の素顔ときらめく言葉。対談の名手といわれた彼女が、黒柳徹子、森繁久彌、小林亜星、阿久悠、池田理代子、橋田壽賀子、山田太一、倉本聰など多彩なゲストを相手に語りつくした傑作対談集。テレビと小説、おしゃれと食いしん坊、男の品定め。

目次

1 テレビと小説(おっちょこちょいの生死の瀬戸際(黒柳徹子)
偉大なる雑種・強運(森繁久彌)
男運だけはいいのよ(小林亜星) ほか)
2 おしゃれと食いしん坊(マリリン・モンローとローレン・バコール(原由美子)
私のマドレーヌは薩摩揚(大河内昭爾))
3 男の品定め(結婚しない女の先駆者じゃない、嫁きおくれです(青木雨彦)
男の美学について(常盤新平))

おすすめコメント

素顔に出会う、きらめく言葉の数々。対談の名手であった向田邦子が黒柳徹子、森繁久彌、阿久悠、池田理代子など豪華ゲストと語り合った傑作対談集。テレビと小説、おしゃれと食いしん坊、男の品定め。

著者紹介

向田 邦子 (ムコウダ クニコ)  
1929年東京生まれ。実践女子専門学校国語科卒業。映画雑誌編集記者を経て放送作家となりラジオ・テレビで活躍。80年には初めての短篇小説「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で第83回直木賞を受賞し作家生活に入るが、81年8月飛行機事故で急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)