• 本

天皇と賎民の国

河出文庫 お15−4

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-309-41667-0
4-309-41667-5
税込価格 929円
頁数・縦 282P 15cm

商品内容

要旨

日本列島にあいついでやってきた諸民族の源流論と、先住諸民族を制圧しつつ成立したヤマト王朝の形成史という二つの論点を天皇制論議の基礎に置き、“日本単一民族”論の虚妄性の批判という今日的なテーマを実証的に展開する。日本民族の諸源流、天皇制、賎民、芸能史、部落問題を横断的に考察する、沖浦学の記念碑的著作。

目次

序にかえて わが人生の転機
1 日本民族の諸源流(日本民族の五つの源流について―天孫族はどこからきたか
瀬戸内海の海賊衆―天皇の国家と海人 ほか)
2 天皇制と賎民制(天皇と賎民―両極のタブー
鎖護国家仏教の“貴・賎”観―インドのカースト制と日本の密教 ほか)
3 底辺に生きた人びと(日本文化の地下伏流―日本の芸能史における“聖”と“賎”
わが部落問題との出会い―被差別部落の古老と高橋貞樹)
4 天皇劇の舞台裏(神聖天皇劇と民衆―明治維新の舞台裏
近世民衆文明の足跡―日本史の転換点 ほか)
増補 一九四五年・八月十五日前後―ダイハツ工場での一年有半

おすすめコメント

日本列島にやってきた先住民族と、彼らを征圧したヤマト王朝の形成史の二つを軸に、日本単一民族論を批判しつつ、天皇制、賤民史、部落問題を考察。増補新版。

著者紹介

沖浦 和光 (オキウラ カズテル)  
1927年、大阪生まれ。東京大学文学部卒業。比較文化論、社会思想史専攻。桃山学院大学名誉教授。2015年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)