• 本

サイレント・トーキョー And so this is Xmas

河出文庫 は13−13

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-309-41721-9
4-309-41721-3
税込価格 748円
頁数・縦 317P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • トイレに行くのも惜しいほど引き込まれること必至!

    東京のど真ん中で爆弾を持った人がいたらどうしますか?
    そんな状況からストーリーは始まって、
    息着くまもなく展開していきます。
    だって、秦建日子さんだし。笑
    トイレに行くのも惜しいほど引き込まれること必至!
    さぁ、トイレを済ませ飲み物を用意して、覚悟してお読みください。

    (2020年1月29日)

商品内容

要旨

「これは、戦争です」12月22日、クリスマスを目前ににぎわう東京・恵比寿で爆破テロが発生。すぐに届いた犯行声明で、犯人は日本国首相との生放送テレビ対談を要求、受け容れられなければ次は渋谷で無差別爆破テロを起こす、と予告する。対する首相はテロには屈しないと拒否。そして翌日、最悪の事態が…!圧倒的なリアリティとスケールでおくる衝撃のクライムサスペンス!映画原作。

おすすめコメント

恵比寿、渋谷で起きる連続爆弾テロ! 第3のテロを予告する犯人の要求は、首相とのテレビ生対談。繰り返される「これは戦争だ」という言葉。目的は、動機は? 驚愕のクライムサスペンス、待望の文庫化!

著者紹介

秦 建日子 (ハタ タケヒコ)  
小説家・脚本家・演出家・映画監督。1968年生まれ。97年より専業の作家活動。2004年『推理小説』で小説家デビュー。同作は“刑事 雪平夏見”シリーズとして続編とともにベストセラーとなり、『アンフェア』としてドラマ&映画化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)