• 本

泣きかたをわすれていた

河出文庫 お41−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-309-41806-3
4-309-41806-6
税込価格 792円
頁数・縦 226P 15cm

商品内容

要旨

「いつでも死ねる。それは、なにより大きな安堵だった。心残りもない。それは、大きな解放、自由だった」子どもの本の専門店「ひろば」を営みながら続いた7年にわたる母親の介護、愛する人たちとの別れ…その先に広がる自由とは果たして―。いま、冬子さんの「物語」が幕を開ける。書き下ろし「その朝、彼女に手紙を書いた」を収録。

著者紹介

落合 恵子 (オチアイ ケイコ)  
1945年、栃木県生まれ。作家。子どもの本の専門店「クレヨンハウス」と女性の本の専門店「ミズ・クレヨンハウス」、オーガニックレストラン等を東京と大阪で主宰。総合育児雑誌「月刊クーヨン」、オーガニックマガジン「いいね」発行人。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)