• 本

ナボコフのロシア文学講義 上

河出文庫 ナ2−3

出版社名 河出書房新社
出版年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-309-46387-2
4-309-46387-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 311P 15cm
シリーズ名 ナボコフのロシア文学講義

商品内容

要旨

世界文学を代表する巨匠にして、小説読みの達人ナボコフによるロシア文学講義録。ロシア作家の作品に、いわゆる「ロシア精神」を求めるのではなく、個々人の才能だけを求めて名作を直視せよと誘う。上巻は、ドストエフスキー『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』ほか、ゴーゴリ、ツルゲーネフ作品を取り上げる。

目次

編者フレッドソン・バワーズによる前書き
ロシアの作家、検閲官、読者
ニコライ・ゴーゴリ
イワン・ツルゲーネフ
フョードル・ドストエフスキー

著者紹介

ナボコフ,ウラジーミル (ナボコフ,ウラジーミル)   Nabokov,Vladimir
1899‐1977年。作家。ペテルブルグ生まれ。ロシア革命によりベルリンに亡命、ロシア語で執筆を開始。1940年に米国に移住、大学で教えながら、英語での執筆をはじめる。55年に発表した『ロリータ』が世界的な大ベストセラーとなる
小笠原 豊樹 (オガサワラ トヨキ)  
1932年生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)