• 本

イデオロギーの崇高な対象

河出文庫 シ6−2

出版社名 河出書房新社
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-309-46413-8
4-309-46413-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 435P 15cm

商品内容

要旨

現代思想界に彗星のごとく現われた奇才ジジェク。その実質的に最初の書物にして、名実ともに代表作。難解で知られるラカン理論をあざやかに読み解いてみせ、ラカンをつうじてヘーゲルに、マルクスに、フロイトに新たな息吹をもたらした驚異の書。

目次

第1部 症候(いかにしてマルクスは症候を発明したか
症候からサントムへ)
第2部 他者の欠如(汝何を欲するか
汝は二度死ぬ)
第3部 主体(“現実界”のどの主体か?
「実体としてだけでなく主体しとしても」)

おすすめコメント

現代思想界の奇才が英語で書いた最初の書物にして主著。難解なラカン理論をあざやかに読み解き、全世界に衝撃を与えた。

著者紹介

ジジェク,スラヴォイ (ジジェク,スラヴォイ)   〓i〓ek,Slavoj
1949年、スロヴェニア生まれ。哲学・精神分析から、映画・芸術、現代政治まで、縦横無尽に論じる現代思想界の奇才
鈴木 晶 (スズキ ショウ)  
1952年、東京生まれ。法政大学国際文化学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)