• 本

デカメロン 上

河出文庫 ホ6−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-309-46437-4
4-309-46437-8
税込価格 1,080円
頁数・縦 555P 15cm
シリーズ名 デカメロン

商品内容

要旨

ペストが猖獗を極めた十四世紀フィレンツェ。恐怖が蔓延する市中から郊外に逃れた若い男女十人が、面白おかしい話で迫りくる死の影を追い払おうと、十日のあいだ代わるがわる語りあう百の物語。人生の諸相、男女の悲喜劇をあざやかに描いた物語文学の最高傑作が、典雅かつ軽やかな名訳で躍動する。不滅の大古典、全訳決定版。

おすすめコメント

ペストが蔓延する14世紀フィレンツェ。郊外に逃れた男女10人が10日の間語りあう100の物語。不滅の大古典の全訳版、第1弾。

著者紹介

ボッカッチョ,ジョヴァンニ (ボッカッチョ,ジョヴァンニ)   Boccaccio,Giovanni
1313年、イタリア、トスカーナ生まれ。ルネサンス期を代表する作家、人文学者。代表作に、物語文学の最高傑作といわれる『デカメロン』。晩年には若い頃より心酔していたダンテの『神曲』講義も行なう。1373年没
平川 祐弘 (ヒラカワ スケヒロ)  
1931年、東京生まれ。東京大学名誉教授(比較文学比較文化)。『東の橘 西のオレンジ』でサントリー学芸賞受賞、『ラフカディオ・ハーン』で和辻哲郎文化賞受賞、マンゾーニ『いいなづけ』の翻訳で読売文学賞・日本翻訳出版文化賞受賞。紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)