• 本

快楽調教 官能アンソロジー

河出i文庫 i12−4

出版社名 河出書房新社
出版年月 2009年6月
ISBNコード 978-4-309-48178-4
4-309-48178-7
税込価格 682円
頁数・縦 270P 15cm

商品内容

要旨

辱めを受けながらもその快感に抗えず、禁断の世界に堕ちていく女たち。調教という偏愛を描くハードエロス。

著者紹介

館 淳一 (タテ ジュンイチ)  
1943年、北海道生まれ。日本大学芸術学部卒業後、芸能記者等を経て1975年「別冊SMfan」にハードバイオレンス小説「凶獣は闇を撃つ」を発表し作家デビューする。以後、主にSM小説を発表し続けている
響 由布子 (ヒビキ ユウコ)  
神奈川県生まれ。大学卒業後、すぐに結婚&子育てに励む。育児中は夫に従い良き妻を演出。その後、業界誌編集部勤務を経て官能小説家に。最近は時代小説も発表している
八神 淳一 (ヤガミ ジュンイチ)  
1962年生まれ。西南学院大卒業後、主にアダルト雑誌の編集に携わる。その後、作家デビューを果たす
渡辺 やよい (ワタナベ ヤヨイ)  
早稲田大学在学中に「花とゆめ」で漫画家デビュー。その後、レディスコミックに移行し、「レディコミの女王」の異名をとる。漫画だけではなく、小説・エッセイ・コラムなど幅広いジャンルで創作を続ける。2002年、小説『そして俺は途方に暮れる』(双葉社)で新潮社の第二回R/18文学賞読者賞を受賞
鳳 春紀 (オオトリ ハルキ)  
1954年生まれ。ヨーロッパの大学の博士課程に学び、帰国後は翻訳から著述業に転身する。硬派な書物を本名で執筆するかたわら、これまでにないリアルな官能表現を目指している。フランス書院文庫第一回新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)