• 本

明治まるごと歴史図鑑 2

人々のくらしと年中行事を知ろう!

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-309-61172-3
4-309-61172-9
税込価格 3,300円
頁数・縦 55P 30cm
シリーズ名 明治まるごと歴史図鑑

商品内容

要旨

2巻は、庶民のくらしに目を向けます。文明開化の大波が押しよせても、日本の風土は変わりません。明治時代に生きた人々も、古来続いてきた四季折々の楽しみを、浮かれ気分で満喫していました。一方では、郵便、電信、電話などの新制度や、写真機、石油ランプなどの道具が、日常のくらしぶりを変えていきました。本書には、当時の絵師が庶民の生活を描いた、興味深い絵をたくさん掲載しています。明治のくらしを、ちょっとのぞいてみませんか。

目次

季節の楽しみ 浮かれ気分で四季を満喫―自然のめぐみを楽しんだ明治の人々
年中行事 正月行事から年末のもちつきまで―生活にとけこんでいた年中行事
旧暦から新暦へ 現在の暦(新暦)は、明治6年からはじまった―旧暦と新暦のちがいを知っておこう
郵便 明治4年から開始(飛脚は明治5年に禁止)―木製ポストが普及。輸送に馬車を活用
電信・電話 手紙より早く伝わる新しい通信手段―電話は明治中期から業務開始
あかり ガス灯は大通りを、石油ランプは室内をてらした―江戸時代にはなかったあかりが普及
消防 蒸気ポンプ、消防用救急梯子、救命袋などを活用―火消から、近代的な消防組織へ
新職業・新しい店 日本人に合ったスタイルを模索―明治時代に生まれた仕事と店に注目
写真 江戸時代末期からはじまった国内での撮影―明治時代に、写真師や写真館が急増
学校教育 明治新政府が教育機関を改革―国民皆学をめざし、明治5年に学制を公布
女学生 教育の柱とされた良妻賢母―話題になった独特のファッション
男子学生 書生 図書館 日本初の大学が明治10年に誕生―「書生」と呼ばれていた男子学生
文豪 俳人 児童書 「口語体」で書かれるようになった近代日本文学―親交を深めて傑作を残した漱石と子規
明治の東京にタイムスリップ
明治の鎌倉にタイムスリップ

おすすめコメント

ていねいで、くわしく、わかりやすい。明治という時代が手にとるようにわかる3冊セット。人々の季節の楽しみや年中行事、郵便・電話・学校などによる新しい生活を知ることができる第2巻。

著者紹介

深光 富士男 (フカミツ フジオ)  
1956年、山口県生まれ、島根県出雲市育ち。日本文化歴史研究家。光文社雑誌記者などを経て、1984年に編集制作会社プランナッツを設立。出版物の編集制作業務を柱に、自らもノンフィクション系図書の著者として、取材・撮影・執筆活動を続けている。著書に『はじめての浮世絵(全3巻)』(河出書房新社、第19回学校図書館出版賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)