• 本

聖母マリア崇拝の謎 「見えない宗教」の人類学

河出ブックス 016

出版社名 河出書房新社
出版年月 2010年4月
ISBNコード 978-4-309-62416-7
4-309-62416-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

人類の歴史をとおして、おそらく聖母マリアほどに、あらゆる時代を超え、民族を超え、人びとの心をとらえた母なるものは存在しない。キリスト教の起源にさかのぼる「神の母」論争、古代ケルト以来、西欧社会の古層に黒いマリアとして封印され、マグダラのマリアとして押し込められ、カオスのように広がりつづけてきた「見えない宗教」としてのマリア崇拝。二つの視点から「謎」の解明に迫る。

目次

今、なぜ聖母マリアなのか―歴史の揺らぎの中から
第1部 聖母マリアの源流を探る―古代オリエントの地母神から(聖なる花嫁―旧約聖書『雅歌』
豊穣と勝利の女神―ウガリット神話
祝婚の花嫁と悲嘆の花嫁―アドニス神話から
バァール宗教とヤハウェ宗教)
第2部 聖母マリアとマグダラのマリア(聖母マリアの誕生―新約聖書『福音書』から
マリア学の形成
黒いマリア―「わたしは黒いけれども美しい」(雅歌1:5)
マリアの出現)

出版社
商品紹介

禁じられても広がり続けた聖母マリアへの崇敬。マリア現象とは何か。キリスト教の矛盾を明らかにしつつ、今後を読み解く画期的な書。

おすすめコメント

禁じられても広がり続けてきた聖母マリアへの深い崇敬。現在もマリアは「出現」し、全世界で奇跡を起こしている。マリア現象とは何か? キリスト教のはらむ矛盾を明らかにしながら、今後を読み解く画期的な論考。

著者紹介

山形 孝夫 (ヤマガタ タカオ)  
1932年生まれ。東北大学文学部卒業。同大学院博士課程修了。宮城学院女子大学教授、学長を歴任し、現在同大学名誉教授。専攻は宗教人類学。『砂漠の修道院』(平凡社)で日本エッセイストクラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)