• 本

世界を読み解くためのギリシア・ローマ神話入門

河出ブックス 093

出版社名 河出書房新社
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-309-62495-2
4-309-62495-2
税込価格 1,870円
頁数・縦 309P 19cm

商品内容

要旨

女に目がない天空の最高神、我が子を食らう狂気の神、海に落ちた男根から産まれた女神、忠告を無視して海に墜落した男…。今もなお色あせない、神々と人間たちの奇想天外なドラマ。そのイメージは地名、企業名、商品名、人名、アニメやゲームに姿を変え、生活の中にあふれている。誕生から三〇〇〇年の時を経て受け継がれる魅力とは何か。基本事項をなぞりながら、現代に息づく神話を読み解く。

目次

第1章 神話は生き続ける
第2章 ギリシア・ローマ神話とは何か
第3章 世界・神々・人間の成り立ち
第4章 神々の世界(一)オリュンポスの一二神
第5章 神々の世界(二)他の主な神々
第6章 英雄と怪物
第7章 トロイア戦争とローマの起源
第8章 愛憎の物語
終章 時を越えるギリシア・ローマ神話

おすすめコメント

AmazonもNIKEもスターバックスも。現代に息づくギリシア・ローマ神話のイメージを探り、その魅力を語る画期的な入門書。

著者紹介

庄子 大亮 (ショウジ ダイスケ)  
1975年、秋田県生まれ。西洋古代史・西洋神話研究者。京都大学大学院文学研究科博士課程指導認定退学。2007年、博士号(文学)取得。現在、関西大学、佛教大学などの非常勤講師を務める。本来の専門は西洋古代史だが、西洋の神話の意味や、後世への影響などに広く関心をもって研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)