• 本

青年の主張 まなざしのメディア史

河出ブックス 100

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-309-62500-3
4-309-62500-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 435P 19cm

商品内容

要旨

毎年「成人の日」に放送され、紅白歌合戦とともにNHKが誇る「国民的番組」だった“青年の主張”。それはどのようにして生まれ、一九五〇年代から昭和の終わりへといかなる変遷を遂げ、そしてなぜ忘れられていったのか―。日本社会に向けられた若者たちの「まなざし」を象徴し、大人たちの若者への「まなざし」も鏡のように映し出してきたこの一大弁論イベントを初めて徹底総括する画期的な戦後メディア史。

目次

序章 “青年の主張”の集合的記憶
第1章 ラジオから響く「小さな幸せ」―一九五〇年代
第2章 ブラウン管に映る弁論大会―一九六〇年代
第3章 「らしさ」の揺らぎと再構築―一九七〇年代
第4章 笑いの時代の「正しさ」―一九八〇年代
第5章 “青年の主張”のレガシー―一九九〇年以降

おすすめコメント

あの国民的番組を覚えているか!? 戦後日本社会の大衆的感性を鏡のように映し続けた弁論イベントを徹底総括する画期的メディア史。

著者紹介

佐藤 卓己 (サトウ タクミ)  
1960年、広島市生まれ。京都大学大学院博士課程単位取得退学。国際日本文化研究センター助教授などを経て、京都大学大学院教育学研究科教授。専攻はメディア史、大衆文化論。著書に『「キング」の時代』(岩波書店、日本出版学会賞受賞、サントリー学芸賞受賞)、『言論統制』(中公新書、吉田茂賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)