• 本

社会にとって趣味とは何か 文化社会学の方法規準

河出ブックス 103

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-309-62503-4
4-309-62503-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 356P 19cm

商品内容

要旨

マンガ、小説、ファッション、音楽、アニメ…「趣味」とひと口に言うが、それは私たちにとっていったい何なのか、どんな社会的な「場」をつくり出しているのか―気鋭の社会学者たちが、平成世代の若者文化とコミュニケーションの調査研究をつうじて、長らく更新されてこなかった、文化社会学・ポピュラーカルチャー研究の新しい方法規準を提示する。ブルデューの遺産を乗り越え、今こそ「ふつうの社会学」へ!

目次

はじめに 社会にとって「趣味」とは何か―テイストをめぐる文化社会学の方法規準
第1部 理論篇 テイストの社会学をめぐって(テイストはなぜ社会学の問題になるのか―ポピュラーカルチャー研究におけるテイスト概念についてのエッセイ
社会にとって「テイスト」とは何か―ブルデューの遺産をめぐる一考察)
第2部 分析篇1 「読む」―テイストはいかに作用する/しないのか(読者たちの「ディスタンクシオン」―小説を読むこととそれが趣味であることの差異をめぐって
ライトノベル、ケータイ小説、古典小説を読む若者たち―ジェンダーとオタク/サブカル自認
マンガ読書経験とジェンダー―二つの調査の分析から)
第3部 分析篇2 「アイデンティティ」―界を生きる(「差別化という悪夢」から目ざめることはできるか?
「おたく」の概念分析―雑誌における「おたく」の使用の初期事例に着目して
動物たちの楽園と妄想の共同体―オタク文化受容様式とジェンダー)

おすすめコメント

来るべき文化研究の方法規準とはいかなるものか? 気鋭の社会学者たちが問う。ブルデューの遺産を乗り越え、「ふつうの社会学」へ。

著者紹介

北田 暁大 (キタダ アキヒロ)  
1971年生まれ。東京大学大学院情報学環教授。専門は社会学・メディア史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)