• 本

日本人なら知っておきたい皇室 これまで以上に「皇室」が身近になる イラスト図解版

出版社名 河出書房新社
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-309-65179-8
4-309-65179-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 95P 26cm

商品内容

要旨

皇室担当記者の第一人者が、さまざまな疑問に答えます!ホットな話題から日常生活、歴史まで全体像がよくわかる。

目次

1章 日本ならではの伝統をもつ「皇室」とその仕組み―例えば、なぜ皇室典範は天皇を男系男子としているのか
2章 神話の時代から今日へ連なる天皇家の悠久の歴史―例えば、幾度かあった皇統断絶の危機とは
3章 皇室外交から学術研究まで、お仕事・ご公務のすべて―例えば、天皇陛下が田植えと稲刈りをなさる理由とは
4章 皇族の家計・財産についての素朴な疑問に答える―例えば、天皇家の生活費はどう決められているか
5章 宮中の古式ゆかしい祭祀・しきたりを知る―例えば、皇太子の「成年式」が一八歳で行なわれる理由
6章 多くの国民とふれあう開かれた皇室のご活動―例えば、「園遊会」の招待客はどのように選ばれるか

出版社
商品紹介

女性宮家問題や秋篠宮さまの天皇定年制発言で注目される皇室。その歴史、仕組み、ご公務、日常生活を豊富な図版でわかりやすく解説。

著者紹介

松崎 敏弥 (マツザキ トシヤ)  
1938年、東京生まれ。早稲田大学文学部を経て、現在、週刊誌『女性自身』の皇室担当記者、皇室ジャーナリストとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)