• 本

日本の伝説東北・北海道

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-309-70073-1
4-309-70073-X
税込価格 2,268円
頁数・縦 334P 20cm

商品内容

要旨

第3回『東北・北海道』は、義経・弁慶、蝦夷、アイヌの伝説…「安達原鬼塚」「悪路王退治」「岩木山の神と安寿厨王」「サマイクルの神」など全42話。

目次

福島(八溝山オロチ
平城の鶴
白河の関
滝夜叉姫
会津頓智問答
磐梯山
鶴之城由来
安達原鬼塚
閼迦井岳龍燈)
宮城(松島三種の梅
塩竃ばなし
宮城野の紫白
宮城野信夫
先代萩
朝日長者女の二本杉
伝説おくの細道
入内雀―実方中将伝説
黄金花咲く金華山
めくら暦)
岩手(田村麻呂将軍の悪路王退治
前九後三の伝説地―八幡太郎伝説
高館の義経
弁慶のみがわり藁人形
小笠原の沼
ちゃぐちゃく馬っこ)
青森(錦木・錦塚
八甲田山と東嶽の戦争
岩木山の神と安寿厨王
恐山
山形(龍神供膳
阿古耶の松
羽前山々の主
仏生祐日と羽黒大権現
鳥海山の雲)
秋田(田沢湖を争う八郎潟と十和田湖
鬼面大阿計徒丸)
北海道(シリヘンの島紀元
南の方より来れる神后
サマイクルの神
能まつりの大祭礼
ハンチキキ雀)

おすすめコメント

シリーズ<日本の伝説>好評第3弾。仙台や、義経、蝦夷、アイヌの伝説など。「滝夜叉姫」「先代萩」「悪路王退治」「サマイクルの神」など全42話。中沢新一推薦。

著者紹介

藤沢 衛彦 (フジサワ モリヒコ)  
1885年、福島県生まれ。民俗学者、作家。明治大学卒業。藤沢紫浪名で小説を執筆した後、1914年日本伝説学会を設立。“日本伝説叢書”“日本歌謡叢書”などを編纂、雑誌『伝説』(1926‐27)を刊行、明治大学教授として、伝説学、風俗史学を講義した。日本児童文学者協会会長、日本風俗史学会理事長などを歴任。1967年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)