• 本

日本文学全集 10

能・狂言

出版社名 河出書房新社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-309-72880-3
4-309-72880-4
税込価格 3,850円
頁数・縦 842P 20cm
シリーズ名 日本文学全集

商品内容

要旨

旅僧が海人の亡霊に会う夢幻能「松風」(世阿弥作)、お使いの途中に太郎冠者が脱線していく「木六駄」など能・狂言六篇。出家した刈萱道心と妻子の旅路を描く「かるかや」。遊女お初と手代徳兵衛の悲恋を綴った「曾根崎心中」と、油店の女房殺しをモダンに描いた「女殺油地獄」の近松二作。菅原道真と藤原時平の対立から、書道の奥義伝授や三つ子の忠義を叙情豊かに綴る「菅原伝授手習鑑」、義経弁慶の逃避行と平維盛、知盛らの壮大な復讐劇「義経千本桜」、赤穂四十七士の仇討ちを『太平記』の世界に移し替えた「仮名手本忠臣蔵」の浄瑠璃三大名作。すべて新訳・全訳を収録。

目次

能・狂言(岡田利規訳)
説経節(伊藤比呂美訳)
曾根崎心中(いとうせいこう訳)
女殺油地獄(桜庭一樹訳)
菅原伝授手習鑑(三浦しをん訳)
義経千本桜(いしいしんじ訳)
仮名手本忠臣蔵(松井今朝子訳)

おすすめコメント

能「松風」、狂言「木六駄」、説経節「かるかや」ほか、近松門左衛門の世話物やいわゆる三大浄瑠璃を作家の新訳で贈る画期的試み。

著者紹介

岡田 利規 (オカダ トシキ)  
1973年生まれ。劇作家・小説家。97年、チェルフィッチュを結成。05年に『三月の5日間』で岸田戯曲賞受賞。07年に小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を発表し、大江健三郎賞受賞
伊藤 比呂美 (イトウ ヒロミ)  
1955年東京生まれ。詩人・作家。『ラニーニャ』で野間文芸新人賞を受賞。2006年詩集『河原荒草』で高見順賞、07年『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞、08年紫式部文学賞を受賞
いとう せいこう (イトウ セイコウ)  
1961年生まれ。作家・クリエイター。88年『ノーライフキング』でデビュー。99年『ボタニカル・ライフ』で講談社エッセイ賞、2013年『想像ラジオ』で野間文芸新人賞受賞
桜庭 一樹 (サクラバ カズキ)  
作家。1999年デビュー。2003年開始の“GOSICK”シリーズや、04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が高く評価される。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞受賞
三浦 しをん (ミウラ シオン)  
1976年東京生まれ。作家。2000年『格闘する者に○』でデビュー。06年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞、12年『舟を編む』で本屋大賞、15年『あの家に暮らす四人の女』で織田作之助賞受賞
いしい しんじ (イシイ シンジ)  
1966年大阪生まれ。作家。03年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、16年『悪声』で河合隼雄物語賞受賞
松井 今朝子 (マツイ ケサコ)  
1953年京都生まれ。作家。松竹株式会社で歌舞伎の企画・制作に携わる。97年『東洲しゃらくさし』でデビュー。同年『仲蔵狂乱』で時代小説大賞、2007年『吉原手引草』で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)