• 本

少女たちの昭和

らんぷの本

出版社名 河出書房新社
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-309-75000-2
4-309-75000-1
税込価格 1,944円
頁数・縦 151P 21cm

商品内容

要旨

戦前・戦中・戦後の大激動期をけなげに可憐に生きた昭和の少女たち!!閉ざされた世界で「女子供」とおとしめられながらも育みつづけた少女文化。都市下層、農村、植民地、女子寮で、少女たちは何を学び、何を楽しみ、どう生きたのか?貴重写真満載!

目次

第1章 昭和を少女たちはどう生きたか(市民権を得た少女文化
裁縫とお稽古ごと―少女たちの学び
昭和の少女服装史
女子寮―女学校と工場
戦争を生きた少女たち
働く農村の少女―新潟県の場合
植民地挑戦の少女たち
都市下層の少女たち)
第2章 道を拓いた女性たちの少女時代(日本近代女性史のトップランナー―永原和子さん
女性漫画家の草分け―亀井三恵子さん
自然と人間が第一の建築家―富田玲子さん
高麗博物館設立に奮闘した―宋富子さん)

出版社
商品紹介

少女をとおして「昭和」という時代を概観。農村、植民地、戦時に、少女たちは何を学び、何を楽しみ、どう生きたのか。貴重写真満載。

著者紹介

小泉 和子 (コイズミ カズコ)  
1933年、東京生まれ。登録文化財・昭和のくらし博物館館長、家具道具室内史学会会長。石見銀山国指定重要文化財熊谷家住宅館長。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)