• 本

図説百鬼夜行絵巻をよむ 新装版

ふくろうの本

出版社名 河出書房新社
出版年月 2007年10月
ISBNコード 978-4-309-76103-9
4-309-76103-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 111P 22cm
シリーズ名 図説百鬼夜行絵巻をよむ

商品内容

要旨

室町時代に流行した「妖怪たちのお祭り行列」という珍しい絵巻はなぜ生まれ、何を意味するのか。色彩鮮やかな驚嘆の絵巻に潜む「闇の文化史」の謎を、錚々たる著者たちが解読。

目次

絵巻コレクション(1)『百鬼夜行絵巻』(真珠庵本)
絵巻コレクション(2)『百鬼夜行絵巻』(京都市立芸術大学蔵)
前説『百鬼夜行絵巻』はなおも語る
現代語訳『付喪神記』
画人伝(抄)
絵巻コレクション(3)『百鬼夜行絵巻』(東京国立博物館蔵・模本)
絵巻コレクション(4)『百鬼夜行絵巻』(大阪市立美術館蔵)
付喪神
器物の妖怪―付喪神をめぐって
「百鬼夜行図」コレクション―河鍋暁斎『暁斎百鬼画談』より
河鍋暁斎―百鬼夜行図

著者紹介

田中 貴子 (タナカ タカコ)  
1960年、京都生まれ。広島大学大学院博士課程修了。甲南大学文学部教授。中世国文学
花田 清輝 (ハナダ キヨテル)  
1909〜74年、福岡生まれ。京都大学英文科中退。文芸評論家、小説家、劇作家
澁澤 龍彦 (シブサワ タツヒコ)  
1928〜87年、東京生まれ。東京大学仏文科卒。エッセイスト、翻訳家、小説家として多数の作品を発表
小松 和彦 (コマツ カズヒコ)  
1947年、東京生まれ。東京都立大学大学院修了。日本国際文化センター教授。民俗学、文化人類学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)