• 本

図説中世ヨーロッパの美術

ふくろうの本

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-309-76268-5
4-309-76268-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 135P 22cm

商品内容

要旨

荘厳な大聖堂や精巧な金銀細工、美しい写本や絵画―神の名のもとに命を吹き込まれたさまざまな芸術を通して、中世美術の新たな見方を提唱する決定版。

目次

第1章 ローマ
第2章 大聖堂
第3章 中世の小芸術品
第4章 聖人伝説と美術
第5章 中世美術の創造性
第6章 中世が残る町を訪ねる
第7章 中世と現代

おすすめコメント

壮麗な大聖堂や精巧な金銀細工、絵画や写本まで、中世ヨーロッパの人々が生み出した創造性に満ちた芸術を通して、中世とは何かと問い直す。中世が残る街の美術案内も掲載。

著者紹介

浅野 和生 (アサノ カズオ)  
1956年生まれ。愛知教育大学教授。専門は西洋美術史、特にビザンティン美術。大阪大学大学院博士課程中退、ギリシア国立アテネ工科大学建築学部美術史学科留学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)