• 本

図説十字軍

ふくろうの本

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-309-76278-4
4-309-76278-6
税込価格 2,310円
頁数・縦 139P 22cm

商品内容

要旨

すべては贖罪であった。約700年にわたってヨーロッパ・アジア世界を揺るがし、キリスト教とイスラームの軋轢の原点ともされる、世界史上最大級の軍事行動。それは聖戦か、侵略か―新たな研究成果を踏まえ、従来の十字軍観をくつがえす決定版。

目次

プロローグ 「十字軍」とは何であったのか?
第1部 クレルモン教会会議への道のり(批判される「ピレンヌ・テーゼ」―「マホメットなくしてシャルルマーニュなし」
「キリストの騎士」の誕生)
第2部 盛期十字軍の時代(第一回十字軍
第二・三回十字軍とエルサレム王国
報復の連鎖―一三世紀)
第3部 後期十字軍の時代(東方・地中海での覇権争い
混乱するヨーロッパ世界
十字軍の終焉)
エピローグ 盛期十字軍の歴史化と二つの十字軍観

おすすめコメント

現在のキリスト教世界とイスラームとの対立にも通じる十字軍は、今、その本質が見直されている。真の目的は何だったのか?約700年間に渡る十字軍史を、多様な角度で検討した決定版。

著者紹介

櫻井 康人 (サクライ ヤスト)  
1971年和歌山県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、東北学院大学教授。専門は十字軍・十字軍国家史、聖地巡礼史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)