• 本

暗号 ネットワーク社会の安全を守る鍵

インターネット時代の数学シリーズ 9

出版社名 共立出版
出版年月 2002年9月
ISBNコード 978-4-320-01648-4
4-320-01648-3
税込価格 2,640円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

本書では情報セキュリティ技術に関し、必要最小限と思われる部分を解説する。

目次

第1章 暗号の役割
第2章 数論
第3章 公開鍵暗号
第4章 ディジタル署名
第5章 素因数分解問題と離散対数問題
第6章 ID情報に基づく暗号技法
第7章 秘密鍵暗号

出版社
商品紹介

情報セキュリティの必要最小限と思われる、数論、代数曲線論などの数学の知識を解説。

著者紹介

笠原 正雄 (カサハラ マサオ)  
1965年大阪大学大学院工学研究科修了。現在、大阪学院大学教授、京都工芸繊維大学名誉教授・工学博士
境 隆一 (サカイ リュウイチ)  
1995年京都工芸繊維大学博士後期課程修了。現在、大阪電気通信大学講師・工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)