• 本

カッツ数学の歴史

出版社名 共立出版
出版年月 2005年6月
ISBNコード 978-4-320-01765-8
4-320-01765-X
税込価格 20,900円
頁数・縦 995P 27cm

商品内容

要旨

北米の数学史の標準的な教科書と位置付けられ、ヨーロッパ諸国でも高い評価を受けている名著の翻訳本。

目次

第1部 6世紀以前の数学(古代の数学
ギリシア文化圏での数学の始まり
アルキメデスとアポロニオス
ヘレニズム期の数学的方法
ギリシア数学の末期)
第2部 中世の数学:500年‐1400年(中世の中国とインド
イスラームの数学
中世ヨーロッパの数学
世界各地の数学)
第3部 近代初期の数学:1400年‐1700年(ルネサンスの代数学
ルネサンスの数学的方法
17世紀の幾何学、代数学、確率論
微分積分学の始まり)
第4部 近代および現代数学:1700年‐2000年(18世紀の解析学
18世紀の確率論、代数学、幾何学
19世紀の代数学
19世紀の解析学
19世紀の幾何学
20世紀の諸相)

出版社
商品紹介

北米の数学史の標準的な教科書と位置付けられ、ヨーロッパ諸国でも高い評価を受けている名著の翻訳。

著者紹介

上野 健爾 (ウエノ ケンジ)  
1970年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。京都大学大学院理学研究科教授。理学博士。専門領域、複素多様体論
三浦 伸夫 (ミウラ ノブオ)  
1982年東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。神戸大学国際文化学部教授。理学修士。専門領域、中世数学史
中根 美知代 (ナカネ ミチヨ)  
立教大学・日本大学理工学部非常勤講師、学術博士
高橋 秀裕 (タカハシ シュウユウ)  
埼玉県立熊谷女子高等学校数学科教諭、博士(学術)
林 知宏 (ハヤシ トモヒロ)  
学習院高等科数学科教諭、早稲田大学理工学部非常勤講師、博士(学術)
大谷 卓史 (オオタニ タクシ)  
吉備国際大学政策マネジメント学部助教授
佐藤 賢一 (サトウ ケンイチ)  
電気通信大学電気通信学部助教授、博士(学術)
東 慎一郎 (ヒガシ シンイチロウ)  
東海大学総合教育センター講師
中沢 聡 (ナカザワ サトシ)  
東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)