• 本

生物学と医学のための物理学

出版社名 共立出版
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-320-03594-2
4-320-03594-1
税込価格 4,320円
頁数・縦 328P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

生命科学のうち、特に医学、生理学、看護学などの応用健康科学の分野で用いられる物理学の項目を網羅。また、MRI、コンピュータ断層撮影、人工内耳などの医療機器や技術をわかりやすく説明している。基礎物理学を概説し、生命システムとの関連を解説するコンパクトな入門書である。定量的解析が可能な生物システムについて考察し、生命科学がいかに物理的・工学的解析手法の知識の助けを借りて進歩してきたかを解説している。

目次

静的な力
摩擦
並進運動
角運動
材料の弾性と強度
昆虫の飛行
流体
流体の運動
熱と分子運動論
熱力学
熱と生命
波と音
電気
電気技術
光学
原子物理学
核物理学
生物学と医学分野におけるナノテクノロジー

著者紹介

ダヴィドヴィッツ,ポール (ダヴィドヴィッツ,ポール)   Davidovits,Paul
ボストンカレッジの化学の教授で、光学における独創性に富んだ研究により米国光学会の栄誉あるR.W.Wood prizeを2000年に共同受賞している。コロンビア大学で博士、修士、学士の学位を取得。ボストンカレッジに任用される前は、イェール大学の教員を務めた。物理化学分野の論文を100編以上執筆しており、米国物理学会と米国科学推進協会のフェローである。「生物学と医学のための物理学」第2版は、2003年度Alpha Sigma Nu Book Awardを受賞
曽我部 正博 (ソカベ マサヒロ)  
1975年大阪大学大学院基礎工学研究科(物理系・生物工学)博士課程中退。大阪大学人間科学部助手、名古屋大学医学部生理学教室講師、助教授、教授、同大学大学院医学系研究科細胞生物物理学教室教授等を経て、2013年より現職。現在、名古屋大学大学院医学系研究科メカノバイオロジー・ラボ特任教授、工学博士。シンガポール国立大学理学部生命科学科/メカノバイオロジー研究所、客員教授。専門は生物物理学、重力生理学、脳神経生理学
吉村 建二郎 (ヨシムラ ケンジロウ)  
1990年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。東京大学理学部、科学技術振興事業団、筑波大学大学院生命環境科学研究科、メリーランド大学等を経て、2014年より現職。現在、芝浦工業大学システム理工学部機械制御システム学科教授、理学博士。専門は生物物理学、理工英語(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)