• 本

素粒子論 復刊

出版社名 共立出版
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-320-03603-1
4-320-03603-4
税込価格 5,400円
頁数・縦 218,4P 22cm

商品内容

目次

第1章 素粒子の一般的性質(本書をよむ方へ
素粒子の種類 ほか)
第2章 強い相互作用(π中間子の性質
球面波展開と、π中間子核子散乱への応用 ほか)
第3章 弱い相互作用(弱い相互作用とパリティ非保存
ベータ崩壊の相互作用の型の決定 ほか)
第4章 素粒子の統一的記述(坂田模型と対称性
Regge理論)
付録

著者紹介

川口 正昭 (カワグチ マサアキ)  
大阪大学理学部物理学科卒業。前・高エネルギー研究所教授。理学博士。神戸大学教授。専攻は素粒子物理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)