• 本

プラスチックの粘弾性特性とその利用 成形不良対策法/発泡制御法

出版社名 共立出版
出版年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-320-04445-6
4-320-04445-2
税込価格 4,950円
頁数・縦 313P 21cm

商品内容

目次

第1章 プラスチックの粘弾性特性(粘弾性特性
時間‐温度換算則
線形粘弾性理論 ほか)
第2章 成形不良要因とその対策法(残留応力・変形の発生メカニズム
残留応力・変形の粘弾性解析と実験解析
硬化収縮に伴う残留応力 ほか)
第3章 発泡成形プロセスと発泡制御法(発泡体
発泡原理と影響因子
発泡成形プロセス ほか)

出版社
商品紹介

プラスチックの成形不良の要因・発泡制御の方法を素材の粘弾性挙動と関連づけ,具体例を用いて現場で役立つ解説書としてまとめた。

著者紹介

新保 實 (シンボ ミノル)  
1974年金沢工業大学卒業。専門は材料力学、粘弾性学、プラスチック成形プロセス。1994年金沢工業大学教授を経て現在、(株)SMS取締役、金沢工業大学名誉教授、工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)