• 本

分子系統学への統計的アプローチ 計算分子進化学

出版社名 共立出版
出版年月 2009年3月
ISBNコード 978-4-320-05677-0
4-320-05677-9
税込価格 6,264円
頁数・縦 346P 26cm

商品内容

目次

1 分子進化のモデル構築(塩基置換のモデル
アミノ酸とコドンの置換モデル)
2 系統樹の再構築(系統樹の再構築:概観
最尤法
ベイズ法 ほか)
3 先端的なトピックス(分子時計と種の分岐年代の推定
タンパク質の中立進化と適応進化
分子進化のシミュレーション ほか)

出版社
商品紹介

統計的アプローチに焦点を絞り、分子系統学の主要な問題を幅広く解説。とくにベイズ法の分子系統学への応用については類書がない。

著者紹介

藤 博幸 (トウ ヒロユキ)  
1983年九州大学理学部卒業、1985年九州大学大学院理学研究科修士課程修了、1989年同研究科博士課程退学、同年理学博士(九州大学)、同年蛋白工学研究所研究員、1993年九州工業大学情報工学部助教授、1996年生物分子工学研究所主席研究員(後に部門長)、2002年生物分子工学研究所生命情報研究部部長、同年京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンター科学技術振興研究員(客員教授)、2005年より現職、2007年より産業技術総合研究所生命情報工学センター招聘研究員併任。現職は九州大学生体防御医学研究所教授。専攻は計算分子生物学、分子進化学
加藤 和貴 (カトウ カズタカ)  
1996年京都大学法学部卒業、2001年京都大学大学院理学研究科博士課程修了・博士(理学)、2001〜2004年日本学術振興会特別研究員、2004〜2005年京都大学化学研究所研究員、2005〜2007年九州大学デジタルメディシンイニシアティブ・バイオインフォマティクス部門助教授、2007年より現職。現在は九州大学デジタルメディシンイニシアティブ・バイオインフォマティクス部門准教授。専攻はバイオインフォマティクス、分子進化学
大安 裕美 (ダイヤス ヒロミ)  
1985年大阪大学理学部卒業、2002年理学博士(東京理科大学)、1990年蛋白工学研究所研究員、1995年生物分子工学研究所研究員、2002年京都大学化学研究所特任助手、2005年より現職。現職は大阪大学臨床医工学融合研究教育センター特任講師(常勤)。専攻はバイオインフォマティクス、分子進化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)