• 本

社会の起源 動物における群れの意味

ブレインサイエンス・レクチャー 6

出版社名 共立出版
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-320-05796-8
4-320-05796-1
税込価格 3,456円
頁数・縦 143P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ヒトや動物の群れの意味。群れが維持される秘訣。母性や社会的親和性に関与するオキシトシン。母仔間・雌雄間の絆形成でやりとりされるシグナル。ヒトはなぜこのような社会を形成するのか。

目次

第1章 はじめに
第2章 群れの構成要因
第3章 群れの機能
第4章 母仔間の絆
第5章 雌雄の惹かれ合い―フェロモンを中心とした話題
第6章 縄張り行動
第7章 動物における共感性
第8章 共に生きる

著者紹介

菊水 健史 (キクスイ タケフミ)  
1994年東京大学農学部卒業。現在、麻布大学獣医学部教授、博士(獣医学)。専門は獣医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)