• 本

ナノテクのための化学・材料入門

ナノテクノロジー入門シリーズ 2

出版社名 共立出版
出版年月 2007年3月
ISBNコード 978-4-320-07171-1
4-320-07171-9
税込価格 2,916円
頁数・縦 215P 21cm

商品内容

目次

ナノスケール構造(基本構造―機能性有機分子、超分子、ナノチューブ、機能性有機モチーフとしてのデンドリマー
高次構造―ミセル、コロイド、ナノファイバー
局所構造―液液ナノ界面、固体界面、ナノ粒子)
ナノスケール構築(トップダウン構築
ボトムアップ構築―金属および半導体基板表面への機能性分子層の形成
集団的ナノ構築 ほか)
ナノスケール分析(ナノ材料の分析計測
単一分子の分析計測
ナノ・マイクロ構造による分析計測)

出版社
商品紹介

化学・材料を専門としない学生・研究者・技術者のために、必要とされるナノテクの基礎知識を簡潔にわかりやすく提供。

著者紹介

本間 芳和 (ホンマ ヨシカズ)  
1978年東北大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了、日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所、NTT物性科学基礎研究所を経て、2004年より現職。東京理科大学理学部物理学科教授、工学博士。専攻は物性物理学、ナノ構造物理学
北森 武彦 (キタモリ タケヒコ)  
1980年東京大学教養学部基礎科学科卒業(物理・数学コース)、(株)日立製作所エネルギー研究所研究員、東京大学工学部助手、講師、助教授を経て、1998年より現職。東京大学大学院工学系研究科教授、財団法人神奈川科学技術アカデミープロジェクトリーダー、工学博士。専攻はマイクロ・ナノ化学、超高感度分析化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)