• 本

確率は迷う 道標となった古典的な33の問題

出版社名 共立出版
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-320-11339-8
4-320-11339-X
税込価格 3,780円
頁数・縦 380P 23cm

商品内容

目次

カルダーノと偶然のゲーム(1564)
ガリレオとサイコロに関する発見(1620)
シュバリエ・ド・メレの問題1:サイコロ問題(1654)
シュバリエ・ド・メレの問題2:分配問題(1654)
ホイヘンスと賭博者の破産(1657)
ニュートンへのピープスからの質問(1693)
モンモールと一致の問題(1708)
ヤコブ・ベルヌーイと黄金定理(1713)
ド・モアブルの問題(1730)
ド・モアブル、ガウス、正規曲線(1730、1809)〔ほか〕

著者紹介

野間口 謙太郎 (ノマクチ ケンタロウ)  
1974年九州大学理学部数学科卒業。現在、高知大学名誉教授・理学博士。専攻、数理統計学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)