• 本

計算科学講座 4(第1部計算科学の基盤)

計算科学のための並列計算 大規模計算への第一歩

出版社名 共立出版
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-320-12269-7
4-320-12269-0
税込価格 4,180円
頁数・縦 220P 22cm
シリーズ名 計算科学講座

商品内容

目次

第1章 はじめに
第2章 ベクトル並列
第3章 スレッド並列
第4章 プロセス並列―MPIによる並列プログラミング
第5章 並列計算機のアーキテクチャ
第6章 グリッドコンピューティング
付録 MPIでよく利用する基本的な関数

出版社
商品紹介

現在、一般的になっている「並列計算機」を使用した計算の話題を中心に解説。計算科学に携わる研究者必読の一冊。

出版社・メーカーコメント

計算科学の主たる対象は自然現象や工学的に作り出された現実であり,解析したいデータは,現実世界の研究対象に依存する。このため,計算機の種類や計算機内部での計算方法を考え,必要な解析データは容易に得られるのか,各種解析方法はどのくらいの計算時間や記憶容量を必要とするのかを知って,研究計画を立てることが必要となる。本書では,計算科学の道具としての並列計算―計算機アーキテクチャ,アルゴリズム,プログラミング―についての基礎知識を解説する。逐次計算プログラムとは根本的に異なることを知ることによって,さまざまな並列計算機環境における応用のための準備を行う。

著者紹介

金田 行雄 (カネダ ユキオ)  
1976年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。現在、名古屋大学名誉教授・理学博士。愛知工業大学基礎教育センター教授。専門は流体力学
笹井 理生 (ササイ マサキ)  
1985年京都大学大学院理学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、名古屋大学大学院工学研究科教授・理学博士。専門は理論生物物理学
石井 克哉 (イシイ カツヤ)  
1980年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。現在、名古屋大学大学院情報科学研究科名古屋大学情報基盤センター教授・理学博士。専門は計算流体物理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)