• 本

Pythonによる機械学習 予測解析の必須テクニック

出版社名 共立出版
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-320-12438-7
4-320-12438-3
税込価格 4,860円
頁数・縦 316P 24cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 予測に欠かせない二つのアルゴリズム
第2章 データを理解することによって問題を理解する
第3章 予測モデルの構築―精度、複雑さ、データ量のバランス
第4章 罰則付き線形回帰
第5章 罰則付き線形回帰を用いた予測モデル構築
第6章 アンサンブル学習
第7章 アンサンブル学習のモデル構築

著者紹介

ボウルズ,マイケル (ボウルズ,マイケル)   Bowles,Michael
機械工学の学士号・修士号、計装学の理学博士、MBAを取得。学術、技術、ビジネスなどさまざまな分野に関わっており、現在は機械学習に関するスタートアップ企業を成功に導くために、経営者、コンサルタント、顧問として活躍している。また、カリフォルニア州マウンテンビューにあるコワーキングスペース・起業インキュベータであるHacker Dojoで、機械学習のコースを教えている。オクラホマ州生まれ、そこで学士号と修士号を取得した。その後、東南アジアで過ごした後、ケンブリッジ大学で理学博士を取得し、卒業後にMITのチャールズ・スターク・ドレイパー研究所に勤めた。その後ボストンを去り、南カリフォルニアのヒューズ航空機会社で通信衛星の開発に取り組んだ後、UCLAでMBAを修了した。サンフランシスコのベイエリアは移り、二つのベンチャー企業の創業者およびCEOとして成功を収めた。技術と企業のスタートアップに積極的に関わっており、最近では、自動取引における機械学習の活用や、遺伝情報に基づく病気などの予測、ラボデータや人口統計学に基づく患者の病状予測、機械学習やビッグデータ関連企業のデューデリジェンスなどを行っている
露崎 博之 (ツユザキ ヒロユキ)  
2014年中央大学理工学部経営システム工学科卒業。現在、株式会社マクロミル所属。学士(工学)
山本 康平 (ヤマモト コウヘイ)  
2014年中央大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。現在、沖電気工業株式会社所属。修士(工学)
大草 孝介 (オオクサ コウスケ)  
2012年中央大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。現在、九州大学大学院芸術工学研究院助教。博士(工学)。専攻は計算機統計学、センサデータ解析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)