• 本

おおきなおおきなねこ

こどものくに傑作絵本

出版社名 金の星社
出版年月 2004年9月
ISBNコード 978-4-323-03215-3
4-323-03215-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 1冊 21×28cm

商品内容

要旨

この本はノルウェーを旅行中にガイドさんから聞いた話が元になっています。本来は、山から押しかけるトロルの群れと農民と白熊を、旅人が王様に献上に行く話でしたが、舞台を日本にして作りかえてみました。河童が空を飛ぶなんて変だとお思いかもしれませんが、これは私の発明ではありません。民俗学者柳田国男先生の『妖怪談義』には、南九州では「川童は秋の末から冬のかゝりの、雨などの降る暗い晩にヒョンヒョンと細い鼻声見たやうな声で鳴いて浜の方から山手へ、空中を群をなして飛んで行くものださうな」それを読んで、鳴きながら飛んで行く河童の群れを一度は描いてみたいと思っていたのです(作者)。

著者紹介

せな けいこ (セナ ケイコ)  
東京生まれ。武井武雄氏に師事。『いやだいやだの絵本』(福音館書店)で産経児童出版文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)