• 本

ママがおこるとかなしいの

出版社名 金の星社
出版年月 2006年8月
ISBNコード 978-4-323-07080-3
4-323-07080-2
税込価格 1,404円
頁数・縦 〔32P〕 22×26cm

商品内容

要旨

〜しなさい、〜してはいけません、〜してみたら…子どもが悩んでいるときや問題をかかえているときに、そんな言葉かけが多くなっていませんか?子どもにかわって問題を解決して、親は安心したくなります。でも、ちょっと待って…。それが子どもの本当の気持ち、本当に子どものしたいことと合っているでしょうか?親と子ども、おたがいにわかりあえ、そしてあたたかい関係を作るためのちょっとしたコツ、それが親業です。この絵本では、お友だちとけんかしたメグちゃんに対して、両親やお兄ちゃんがアドバイスしていきます。でもおばあちゃんだけは違うことを言います。

著者紹介

せがわ ふみこ (セガワ フミコ)  
本名・瀬川文子。東京生まれ。1973年日本航空にスチュワーデスとして入社。14年間国際線に勤務した後、結婚を機に退職。1991年より中国気功を学び始め、心と体の健康を考える「気と心の教室」主宰。1998年コミュニケーション訓練のプログラム“親業”の指導資格を、2002年CAP(子どもへの暴力防止プログラム)スペシャリスト、2003年には親業シニアインストラクターの資格を取得
モチヅキ マリ (モチズキ マリ)  
本名・望月麻里。横浜生まれ。東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。伝統的な日本画の材料や、フレスコ画の材料を用いて制作活動を続ける。おもに個展を中心に発表、コンクールやグループ展への出品多数。無所属。本業のかたわら、イラストレーション制作も長年手がける。明るく伸びやかな線画に、フィレンツェ紙のコラージュを組み合わせた手法で独自の世界を作り上げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)