• 本

教師の「専門家共同体」の形成と展開 アメリカ学校改革研究の系譜

出版社名 勁草書房
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-326-25123-0
4-326-25123-9
税込価格 7,776円
頁数・縦 445,26P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 「ランド・変革の担い手研究」を起点とする学校改革研究の形成(M・マクロフリンらによる「ランド・変革の担い手研究」の展開
ランドの学校改革研究―R・エルモアとM・マクロフリンを中心に)
第2部 教師の「同僚性」の形成と展開(教師の「同僚性」の形成と展開
教師の「同僚性」の概念をめぐるオーストラリア教育学会誌上論争の検討)
第3部 教師の「専門家共同体」の形成と展開(M・マクロフリンの研究の系譜における「専門家共同体」の形成と展開
M・マクロフリンの研究の系譜における「専門家共同体」の定式化)
第4部 教師の「専門家共同体」の新展開(教師の「専門家共同体」の波及―M・マクロフリンとJ.タルバートによる研究の展開
J.リトルの研究の系譜における「専門家共同体」の展開
教師の「専門家共同体」の新たな展開―スタンフォード大学の研究の系譜)
学校改革の「現場の声を聴き現場から学ぶ」ことへ

おすすめコメント

アメリカにおいて、専門家としての教師の共同体はどのように形成・展開されてきたのか。学校改革研究のひとつの系譜として描き出す。

著者紹介

鈴木 悠太 (スズキ ユウタ)  
1981年神奈川県生まれ。東京大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程修了、博士(教育学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学特任講師を経て、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。専門は教育学、学校改革研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)