• 本

限界破りの鉄道車両 幻に?それとも実現?

交通新聞社新書 143

出版社名 交通新聞社
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-330-05520-6
4-330-05520-1
税込価格 990円
頁数・縦 215P 18cm

商品内容

要旨

鉄道の歴史の中で登場した車両の数々。画期的な技術で量産化された車両もあれば、試作車として消えた車両もある。限界を破り、新機軸を盛った新型車両を誕生させようという試みに、鉄道人は、どう立ち向かってきたのか。貴重な写真や図表を交えながら、鉄道車両の進化の軌跡をたどる。

目次

第1章 蒸気機関車の限界へ
第2章 電車と気動車の出現
第3章 電化・ディーゼル化、新動力への模索
第4章 「新性能電車」の誕生
第5章 新幹線は「ノーズ」とともに成長
第6章 日本の風土に合わせて鉄道が進化

著者紹介

小島 英俊 (コジマ ヒデトシ)  
1939(昭和14)年、東京都生まれ。東京大学法学部卒。三菱商事(株)の化学部門において国内外で勤務。退職後に起業、代表取締役を務めた。鉄道史学会会員。海外の鉄道にも造詣が深い。歴史小説も執筆。著書に『鉄道快適化物語』(2019年交通図書賞受賞・創元社)、『昭和の漱石先生』(2019年歴史文芸賞受賞・文芸社)など、多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)