• 本

酒・つまみ日和 「ひとり飲み」の小さな幸せ

出版社名 光文社
出版年月 2023年8月
ISBNコード 978-4-334-10018-6
4-334-10018-X
税込価格 1,925円
頁数・縦 315P 19cm

商品内容

要旨

こんな生き方があってもいいじゃんか。はじめての酒場で、お気に入りの酒器で、たまには昼から―酒飲みの喜びと知恵がつまった、ほろ酔いエッセイ。

目次

第1章 家飲み日和
第2章 チェーン店日和
第3章 こだわり晩酌日和
第4章 はじめて日和
第5章 酒場日和
第6章 偏愛日和
第7章 秘密基地日和

出版社・メーカーコメント

さぁ、明日はどうやって飲もうか。はじめての酒場に行こうか。それともお気に入りの酒器で一杯やろうか。たまには昼から飲むのもアリかなーー。来る日も来る日もお酒のことを考えているパリッコさん。まさに「酒とともに生きる」生活。でも、こんな生き方があってもいいじゃんか。連載「つつまし酒」シリーズ第3弾。酒飲みの喜びと知恵がつまったほろ酔いエッセイ。まるっと1章分の書き下ろしも!

著者紹介

パリッコ (パリッコ)  
1978年東京生まれ。酒場ライター、漫画家/イラストレーター、DJ/トラックメイカー他。酒好きが高じ、2000年代後半より酒と酒場に関する記事の執筆を始める。フリーライターのスズキナオ氏とともに飲酒ユニット「酒の穴」を結成し、「チェアリング」という概念を提唱。2022年には、長崎県にある波佐見焼の窯元「中善」のブランド「zen to」から、オリジナルの磁器製酒器「#mixcup」も発売した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)