• 本

箱ちがい

ミステリーの本棚

出版社名 国書刊行会
出版年月 2000年9月
ISBNコード 978-4-336-04243-9
4-336-04243-8
税込価格 2,376円
頁数・縦 297P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

最後に残った一人が莫大な金額を受け取る仕組みのトンチン年金組合の生き残りは、ついにマスターマンとジョゼフの兄弟二人きりとなった。折りもおり、ボーンマスへ転地に出かけたジョゼフは、帰途、鉄道事故に遭遇してしまう。事故現場で老人の死体を発見した甥たちは、年金目当てに一計を案じ、死体を大樽に隠してロンドンに送り込み、伯父がまだ生きているように見せかけようとするが…。偶然のいたずらによって姿を消した死体が行く先々で引き起こす珍騒動と、死体探しに奔走する男たちの右往左往を、絶妙のユーモアをまじえてえがく、『宝島』の文豪が遺したブラック・ファースの傑作。

著者紹介

オズボーン,ロイド Osbourne,Lloyd
スティーヴンスンの後妻ファニーが先夫との間にもうけた息子。アメリカ、サンフランシスコに生まれる。名作『宝島』は、義父スティーヴンスンが少年時代ロイドに語った物語がもとになっている。スティーヴンスンとの合作に、『箱ちがい』(1889)、『難破船略奪者』(1892)、『引き潮』(1894)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)