• 本

シュヴァンクマイエルの博物館 触覚芸術・オブジェ・コラージュ集

出版社名 国書刊行会
出版年月 2001年4月
ISBNコード 978-4-336-04329-0
4-336-04329-9
税込価格 4,180円
頁数・縦 164P 27cm

商品内容

要旨

『ファウスト』『悦楽共犯者』『対話の可能性』など、コマ撮りを駆使した特異な映像で知られるチェコのシュルレアリストが自ら構成した、世界初の造形作品集。本邦初公開の図版をカラーで収録。

目次

フロッタージュ、ドローイング
セラミック
コラージュ
触覚主義
オブジェ
解説・資料

著者紹介

シュヴァンクマイエル,ヤン 〓Svankmajer,Jan
1934年9月4日チェコスロヴァキアのプラハで生まれる。1950年プラハの工芸高等学校に入学。シュルレアリスムの本と出会う。1954年プラハの芸術アカデミー演劇学部(DAMU)人形劇科に入学。1957年劇団D34のために人形劇『ドン・ファン』の上演準備をする。1960年エヴァと結婚。セマフォル劇場で仮面劇の上演をする。1961年セマフォル劇場で個展(ドローイングとテンペラ画)。1962年ラテル・マギカへ移る(1964年まで)。1969年シュルレアリスム・グループのリーダーで理論家のヴラチスラフ・エフェンベルゲルと出会う。1970年エヴァと共にシュルレアリスム・グループのメンバーとなる。1973年『オトラントの城』の準備をはじめるが、映画製作の禁止を命じられる(映画は1979年に完成)。1974年「触覚のオブジェ」の最初の作品「修復家」をシュルレアリスム・グループの集団解釈のゲームとして発展させ、多くの実験を試みる。1977年西ドイツミュンスター、ゾネンリンク・ギャラリーで夫妻の展覧会。1983年『触覚と想像力』を地下出版する。1987年ベルギーのブリュッセルとトゥールネで夫妻の展覧会。1989年ニューヨーク近代美術館で映画の回顧展。1990年マーネスでシュルレアリスム・グループの共同展覧会「第三のアーチ」に参加。1991年ヤロミール・カリスタと共に、映画スタジオ「アタノル」を創立する。フランスのアヌシーで夫妻の展覧会。個展をベルギーのアントワープと、スペインのバリャドリードで開く。1992年イギリスはウェールズのカーディスで夫妻の展覧会。1993年ウィーンで個展。1994年スペインのシトヘスで夫妻の展覧会。1995年アメリカはコロラド州のテルライドで夫妻の展覧会。1996年ロンドン、ワルシャワ、クラクフで夫妻の展覧会。1997年プラハのベセダ・ギャラリーとヨゼフ・スデク・ギャラリーで夫妻の展覧会。1998年チェコはクラトヴィのウ・ビーレーホ・イェドノロシュツェ美術館で夫妻の展覧会「アニマ・アニムス・アニメーション」が開催され、大判のモノグラフが刊行される
くまがい マキ (クマガイ マキ)  
チェスキー・ケー代表。劇作家
ホリー,ペトル Hol´y,Petr
1972年プラハ郊外のドブリスにて生まれる。プラハ・カレル大学哲学部極東研究部日本学科卒業。現在、早稲田大学大学院文学研究科博士課程に在籍、歌舞伎研究に励む。チェコ語への訳書に、謡曲『羽衣』、田中貢太郎『日本の怪談』、永井荷風『夢の女』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)